kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

カテゴリ: 教育学・教育調査

 学校での部活動の問題を研究する「日本部活動学会」が設立され、12月27日に名古屋市で設立総会がおこなわれた。  教育学やスポーツ科学などの研究者、弁護士、中学校・高校の教員、保護者など約150人が参加したと報じられている。  学校の部活動については、教員の長時 ... もっと読む

 『教育勅語を読んだことのないあなたへ―なぜ何度も話題になるのか』(佐藤広美・藤森毅著、新日本出版社、2017年12月)を読みました。 [amazon asin="4406061762" kw="教育勅語を読んだことのないあなたへ―なぜ何度も話題になるのか"]   2017年は一連の森友学園問題 ... もっと読む

 教育学研究者らでつくる日本教育学会は12月12日、教育勅語を教育現場で肯定的に扱うことを否定しなかった政府見解について「歴史的事実をゆがめるものだ」として批判する報告書を、文部科学省に対して出した。  2017年2月に森友学園問題が発覚した。森友学園が設置を計画 ... もっと読む

 毎日新聞が2017年11月、都道府県と政令市の計67教育委員会を対象に実施した調査によると、公立小中学校の教員が各地で不足し、必要な教職員数が確保されていない傾向があることがわかった。  定数に対する教員不足は、2017年度初めの時点で全国で少なくとも357人にのぼっ ... もっと読む

 大阪府教育庁は11月29日、生徒の髪の毛の色の指導などについて、府立高校を対象にした調査の結果を発表した。  大阪府立懐風館高校(羽曳野市)の女子生徒が、「生まれつき茶色い髪の毛を黒く染めるよう、学校から強要された」として提訴した問題を受け、大阪府立高校で ... もっと読む

 学校における生徒指導で、「ゼロ・トレランス」の手法が日本でも広まりつつある。「寛容度ゼロ」などといわれ、問題行動を類型化・マニュアル化した上に類型化されたパターンに当てはめて機械的・画一的・排除的な指導をおこなうという手法。  「ゼロ・トレランス」はア ... もっと読む

 大阪府立懐風館高校の生徒が「生まれつき茶色い髪を、学校から黒く染めるよう強要され不登校に追い込まれた」などとして大阪府を訴えた訴訟。  この手の染髪強要はあちこちで起こっている様子。「BuzzFeed News」が、関東地方の公立高校に通っていた男子生徒の母親にイン ... もっと読む

 学校現場で授業方法や生活指導などの統一を図り、教育委員会や学校が「スタンダード(標準)」を示すような取り組みが、各地で広がっているという。  朝日新聞2017年10月29日(ウェブ版)『授業・生活指導…「一律に」 学校現場で広がるスタンダード』が、各地の状況を ... もっと読む

 教育学関係の17学会は6月16日、教育勅語の学校現場での扱いについて、歴史資料としての批判的な取り扱いを除き、肯定的な文脈での使用禁止を改めて確認・徹底するよう求める声明を連名で出した。同日に代表者らが記者会見して明らかにした。  政府は2017年4月、教育勅語 ... もっと読む

 歴代政権と文部科学省は、教育勅語を教材として扱うことを否定してきた。しかし安倍内閣になり、教育勅語の教材としての使用を容認するような国会答弁が相次いでいる。  このことについて「しんぶん赤旗」が、安倍内閣のもとで政治主導で方針転換が押しつけられたと、文 ... もっと読む

↑このページのトップヘ