kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:いじめ防止法

 滋賀県大津市立中学校いじめ自殺事件(2011年)の父親と越直美大津市長は11月19日、いじめ防止対策推進法の改正を求め、同法改正を検討する超党派国会議員勉強会の座長・馳浩衆議院議員(元文部科学相)と面会して要請をおこなった。 いじめ防止対策推進法をより実効性あ ... もっと読む

 東京都葛飾区立中学校3年の男子生徒が2014年に自殺し、背景に部活動でのいじめが指摘された問題で、区が設置した第三者委員会は3月28日、生徒への行為を認めながらも「社会通念上のいじめではない」としていじめを認めないとする報告書をまとめた。 事件の経過  生徒は2 ... もっと読む

 毎日新聞社の調査によると、「いじめ防止対策推進法」が施行された2013年9月28日から2014年5月末までの間に自殺した生徒のうち、背景にいじめの疑いがあるとみられる生徒が少なくとも6人いることがわかった。  都道府県教育委員会への取材と、独自調査の結果を加味して ... もっと読む

 学校内のいじめや事故などで子どもを亡くした遺族らによるシンポジウムが、6月1日に神戸市で開かれた。  「全国学校事件・事故を語る会」の主催で、毎年この時期に開催している。今回は「第三者委員会」を主なテーマにしたという。  読売新聞6月2日付の記事によると、 ... もっと読む

 山形県天童市立中学校1年の女子生徒が2014年1月、いじめを苦にするようなメモを残して山形新幹線にはねられて死亡した事件があった。この案件については、遺族と市教委との間で第三者委員会の設置要綱に関する協議が折り合わず、4ヶ月以上経過しても第三者委員会の設置には ... もっと読む

 いじめや教師の指導を苦にしたとみられる生徒の自殺事案の遺族らが8月22日に文部科学省を訪問し、いじめ防止対策推進法の適切な運用や、事実関係の適切な調査を都道府県教育委員会に指導することなどを要望した。  要望に出席した遺族や関係者は、いじめ自殺事件3件(鹿 ... もっと読む

 奈良県橿原市立中学校1年の女子生徒が2013年3月に自殺した事案で、生徒が同級生からいじめを受けていたという情報が浮上している。  遺族側が7月5日、記者会見で明らかにしたところによると、この生徒は同級生から無視されて孤立させられたり、部活動で嫌がらせを受け ... もっと読む

 衆議院文部科学委員会は6月19日、与野党が提出していたいじめ防止対策推進法案を賛成多数で可決した、共産・社民の両党は法案の問題点を指摘して反対した。  6月20日の本会議で採決され、参院に送付されたのち6月21日の参院本会議で可決成立する見通し。  当初の与党案 ... もっと読む

↑このページのトップヘ