kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:国家賠償法

 2012年12月に発生した大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、大阪市が加害者の元教諭に対して、生徒側に支払った損害賠償金の半額を求償した訴訟について、大阪地裁は2月16日、大阪市の請求通り、元教諭が約4300万円を市に支払うよう命じる判決を出した。  元教諭は出廷せ ... もっと読む

中日新聞(滋賀版・web)2014年7月1日付に、『遺族が署名活動愛荘・柔道死亡事故』の記事が掲載されている。 滋賀県愛荘町立秦荘中学校で2009年、柔道部員だった当時1年の男子生徒が練習中、当時の顧問講師から過酷な練習メニューを課され、「乱取り」で投げ技を返されるな ... もっと読む

 大分県立竹田高校の剣道部で2009年8月、当時2年だった男子生徒が練習中に熱射病で死亡した事故で、指導していた教員の不適切行為や搬送先の病院の医療ミスがあったとして遺族が訴えていた訴訟で、大分地裁は3月21日、学校を運営する大分県と、病院を運営する豊後大野市に対 ... もっと読む

横浜市立奈良中学校で2004年、柔道部顧問だった教諭が柔道部員の生徒(現在22歳)に「指導」と称した投げ技を繰り返し加えて急性硬膜下血腫などの重傷を負わせ、高次脳機能障害などの後遺症を負わせたとして、被害者側が神奈川県・横浜市および教諭個人を相手取り計約1億8600 ... もっと読む

千葉県浦安市立小学校で2003年、養護学級担任教諭が担任クラスの知的障害児に暴行や性的虐待を執拗に繰り返し、裁判でも事実関係が全面的に近い形で認定された、いわゆる浦安事件。 この事件では2010年3月、加害者の性的虐待があったことをを全面的に近い形で認定し、千葉県 ... もっと読む

 北海道釧路管内の町立中学校教諭(当時)が教え子の女子生徒に校内で性行為を強要したなどとして、被害生徒と両親が加害者個人と北海道・町に約1億2900万円の損害賠償を求めた訴訟で、釧路地裁は10月26日、北海道と町に440万円の支払いを命じる判決を下しまし ... もっと読む

 大分県立竹田高校の熱射病死亡事件の民事訴訟では4月22日に第1回口頭弁論が開かれましたが、被告となった顧問教諭・副顧問教諭は「国家賠償法により、個人は責任を負わない」などとして請求棄却を求めたそうです。  国家賠償法では確かに、公務員の公務中の行為に ... もっと読む

大分県立竹田高校剣道部の熱射病死亡事件で、両親が顧問教諭・副顧問教諭個人と大分県、搬送先の病院を運営する豊後大野市を相手取って起こした訴訟の第1回口頭弁論が、4月22日に大分地裁で開かれました。被告側はいずれも、請求棄却を求めて争う姿勢を示したということです ... もっと読む

大阪市立中学校で1990年代後半当時に剣道部顧問をつとめていた教諭(2008年6月懲戒免職)が部員に対して日常的に暴力やわいせつ行為を繰り返していたとして裁判で事実認定され、大阪市に損害賠償を命じる判決が確定しました。この問題で大阪市は教諭に対して、大阪市が被害者 ... もっと読む

福井市立成和中学校で2000年、当時1年生だった男子生徒が教師から暴行を受けて失明した事件がありました。この問題についての訴訟で福井市に損害賠償を命じる判決が確定したことを受けて、福井市は国家賠償法に基づいて教諭に賠償額の一部・約2200万円を請求することを決めま ... もっと読む

↑このページのトップヘ