kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:大分県

 大分県立南石垣支援学校(別府市)高等部3年だった女子生徒が2016年9月、給食をのどに詰まらせて死亡した事故で、大分県警は5月7日、適切な対応をしなかったとして、関係教職員4人を業務上過失致死の疑いで書類送検した。  書類送検されたのは、校長、担任教諭、養護教諭 ... もっと読む

 大分市立中学校の男性教諭が生徒の首をつかんでケガをさせた「体罰」事件で、加害教諭が生徒の首を絞めて失神させていたことが、4月25日までにわかった。  この事件は大分市教育委員会が4月22日に記者発表していたが、発表時点では失神の件については触れていなかった。 ... もっと読む

 大分県立竹田高校の剣道部で2009年8月、当時2年だった男子生徒が練習中に熱射病で死亡した事故で、指導していた教員の不適切行為や搬送先の病院の医療ミスがあったとして遺族が訴えていた訴訟で、大分地裁は3月21日、学校を運営する大分県と、病院を運営する豊後大野市に対 ... もっと読む

大分市立中学校の剣道部で外部指導者を務めていた男が、少なくとも2011年頃から部活動中に生徒を殴ったり引きずり回すなどの暴力を加えていたことが、3月20日までに発覚した。 この男は2009年4月に外部コーチに就任した。少なくとも2011年4月からの暴力・「体罰」が確認さ ... もっと読む

 大分県立情報科学高校1年の女子生徒が8月23日、自宅マンションから飛び降り自殺しました。  この生徒をめぐっては、同学年の生徒が開設しているブログにこの生徒の中傷が書かれていたことが判明したといいます。学校側はこの問題については「全校集会と当事者への個 ... もっと読む

 大分県在住の女性(現在21歳)は、大分県宇佐市立中学校2年だった2003年、体育の授業中に別の生徒が蹴ったバレーボールが頭部を直撃し、脳脊髄液減少症を負いました。  この事故について、被害者の方と母親がこのほど、闘病記『同じ空の下 脳脊髄液減少症と闘う ... もっと読む

 大分県立臼杵養護学校(現・臼杵支援学校)高等部に在籍していた知的障害を持つ元生徒(現在20歳)が2007年、極度の高所恐怖症のため修学旅行先で東京タワーに上らせないでほしいと家族が依頼していたにもかかわらず、学校側が聞き流してこの生徒をタワーに上らせた ... もっと読む

 大分県玖珠町立塚脇小学校のプールで2010年7月、2年生の男子児童が授業中におぼれて死亡した事故で、大分県警は1月14日、業務上過失致死容疑で校長・教頭と授業担当の教員3人の計5人を書類送検しました。  事故は2010年7月16日に発生しました。同校の ... もっと読む

 大分県日田市の公園で10月17日、遊具のワイヤーが切れて遊んでいた児童が1メートル落下する事故がありました。  遊具はロープウェー型のもので、2ヶ所の足場を結ぶ金属製のワイヤーが切れたということです。落下した児童のほか、破損した遊具の破片が近くにいた別 ... もっと読む

 「中学校2年生だった2003年、体育の授業中にバレーボールが頭にぶつかったことが原因で脳脊髄液減少症になった」として、大分県宇佐市立中学校に通っていた女子生徒(現在19歳)が宇佐市に損害賠償を求めた訴訟で、大分地裁中津支部は1月29日、授業担当教諭の指 ... もっと読む

↑このページのトップヘ