kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:安倍内閣

 森友学園問題で、国有地の売買に関する財務省の決裁書類が書き換えられた疑惑。  この疑惑について、書き換えがあったことを政府が認めると報じられている。3月12日におこなわれる国会への報告に盛り込まれる見通しだという。  書き換え前の文書には、森友学園との土地 ... もっと読む

 2018年大学入試センター試験の「地理B」で「ムーミン」や「小さなバイキングビッケ」を例示して北欧の国を答えさせる問題が出たことについて、政府は2月1日の閣議で、「センター試験に引用される資料の内容は、それ自体が教科書に掲載されていなければならないものではない ... もっと読む

 憲法9条と自衛隊との関係に関する教科書記述について、政府は12月15日、「自衛隊について違憲であることのみを記述している教科書は存在しない」とする答弁書を閣議決定した。  安倍晋三首相が「違憲の疑いについての記述がほとんどの教科書に載っている」(2017年11月27 ... もっと読む

 教育学研究者らでつくる日本教育学会は12月12日、教育勅語を教育現場で肯定的に扱うことを否定しなかった政府見解について「歴史的事実をゆがめるものだ」として批判する報告書を、文部科学省に対して出した。  2017年2月に森友学園問題が発覚した。森友学園が設置を計画 ... もっと読む

 歴代政権と文部科学省は、教育勅語を教材として扱うことを否定してきた。しかし安倍内閣になり、教育勅語の教材としての使用を容認するような国会答弁が相次いでいる。  このことについて「しんぶん赤旗」が、安倍内閣のもとで政治主導で方針転換が押しつけられたと、文 ... もっと読む

 安倍内閣が3月31日に教育勅語を「憲法や教育基本法に反しない形で」活用することは差し障りないと解釈できるような答弁書を出し、その後道徳教育での活用は考えられるとする見解も示した問題。  この問題について、4月7日の衆議院文部科学委員会と内閣委員会で取り上げら ... もっと読む

 政府は3月31日、教育勅語について「憲法や教育基本法に反しない形で教材として用いることまでは否定されない」とする答弁書を閣議決定した。  教育勅語の問題については、「当時の人々の思想的背景のひとつとなった。戦後は失効・排除が確認された」という歴史学習の史料 ... もっと読む

 稲田朋美防衛相は3月8日の参議院予算委員会で教育勅語への認識について問われ、「勅語の精神は親孝行、友達を大切にする、夫婦仲良くする、高い倫理観で世界中から尊敬される道義国家を目指すことだ」「勅語自体が全く誤っているというのは違う」などと答弁した。  森友 ... もっと読む

しんぶん赤旗(ウェブ版)に『第2次世界大戦終結70年 第2部 安倍首相と逆流の系譜』が掲載されている。同紙2015年1月17日~25日の連載をまとめたウェブ記事である。 記事では、安倍首相が戦争美化の歴史認識を持つ「教科書議連」を足場に頭角を現してきたこ ... もっと読む

 神奈川新聞2015年1月11日付が「【照明灯】期待される人間像」を掲載している。  中央教育審議会が1965年1月11日に「期待される人間像」の中間素案を出してから50年になるのを機に、国の道徳教育の問題点を指摘している。  「期待される人間像」は国家 ... もっと読む

↑このページのトップヘ