kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:指導死

 広島県府中町立府中緑ヶ丘中学校で2015年、当時3年の男子生徒が学校側の誤った記録に基づき「万引きをした。高校の推薦入試は受けられない」とするような対応を受けて自殺した問題で、生徒の遺族が2018年12月5日付で、府中町を相手取り約6700万円の損害賠償を求める民事訴 ... もっと読む

 鹿児島県奄美市立中学校1年だった男子生徒が2015年11月5日に自殺した事案をめぐり、市の第三者委員会は12月9日、「担任教諭の不適切な指導が自殺の一因」と指摘する報告書をまとめた。 事案の経過  報道によると、担任教諭がこの生徒を「いじめ加害者」と誤認して指導を ... もっと読む

 岩手県立不来方高校(矢巾町)のバレーボール部員の男子生徒が2018年7月、顧問教諭からの暴力や暴言を苦にする遺書を残して自殺した問題で、遺族の代理人弁護士は11月12日、顧問の男性教諭を暴行容疑で刑事告訴する方針を明らかにした。  告訴は週内にもおこなわれる見通 ... もっと読む

 宮城県工業高校(仙台市青葉区)1年の男子生徒が2018年8月に自殺していたことがわかった。担任教諭からこの生徒への罵声を伴う「指導」があったと指摘されている。  生徒の父親が10月31日に記者会見して明らかにした。 事件の経過  生徒は夏休み中の2018年8月21日、自 ... もっと読む

 岩手県立不来方高校(岩手県矢巾町)のバレーボール部員の男子生徒が2018年7月に自殺し、顧問の男性教諭からの暴言が原因だと指摘されている問題で、生徒の父親は10月19日に文部科学省とスポーツ庁を訪れ、スポーツ現場での暴力問題に関する要請をおこなった。  スポーツ ... もっと読む

 福井県池田町立池田中学校2年だった男子生徒が2017年3月に自殺し、背景には教諭が大声で怒鳴るなどの過剰な指導があったと指摘されている問題。  この問題では、町教委が2017年10月に調査報告書を発表した。発表から1年の節目となる10月15日、不適切指導に関与した一人と ... もっと読む

 岩手県立不来方(こずかた)高校(矢巾町)3年バレーボール部員の男子生徒が2018年7月に自殺し、背後に顧問教諭の不適切指導があったのではないかと指摘されていたことがわかった。 事件の概要  報道によると、生徒は2018年7月3日に自宅で自殺した。  岩手県教委が調 ... もっと読む

 鹿児島市立中学校3年の男子生徒が9月3日、担任教諭からの個別指導を受けた直後に自殺した問題で、生徒の保護者がマスコミ取材に応じ、学校側の発表に反論した。 事件の経過  事故当日の9月3日は始業式だった。夏休みの宿題の一部が提出できていないとして、放課後に担任 ... もっと読む

 鹿児島市立中学校3年の男子生徒が9月3日に自殺していたことがわかった。自殺直前には担任教諭からの個別指導があったという。 経過  報道によると、当日は2学期の始業式で、生徒は通常通り登校していた。  生徒は「宿題が未提出」として、放課後の午後1時頃から、担任 ... もっと読む

 2018年5月18日配信のウェブ版『現代ビジネス』に、内藤朝雄氏(明治大学准教授)の論説『日本の学校から「いじめ自殺」がなくならない根本理由』が掲載されている。 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55701  福井県池田町の中学校で、生徒が自殺した事件。この事件 ... もっと読む

↑このページのトップヘ