kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:文部科学省

 文部科学省は12月14日、医学部の入試に関連して、受験生の性別や年齢などによって不利益な取り扱いをするなど不適切な入試をおこなっていた大学についての調査結果を公表した。  不適切入試については、以下のように定義づけたとしている。 合理的な理由なく、成績の ... もっと読む

 2019年度以降に使用される中学校道徳教科書について、発行会社別のシェアが判明した。文部科学省が11月9日に公表した。 各社別のシェア  中学校道徳教科書は8社が参入し、もっともシェアが多かったのは東京書籍(生徒数比で34.8%)となっている。  復古的な内容や生 ... もっと読む

 文部科学省は11月12日、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)についての通知を、都道府県教育委員会などに対して出した。  2019年度から新たに実施される予定となっている中学校英語について、「話す」技能の試験については、教職員の負担や設備面などを考慮して全 ... もっと読む

 文部科学省のいじめ防止対策協議会は10月29日の会合で、重大ないじめ事案の発生に伴って設置される第三者委員会の報告書を国としても収集・分析する方針を決定した。  いじめの認知件数は約41万件(2017年度)となり過去最多となっている。うち自殺など深刻な事態につな ... もっと読む

 岩手県立不来方高校(岩手県矢巾町)のバレーボール部員の男子生徒が2018年7月に自殺し、顧問の男性教諭からの暴言が原因だと指摘されている問題で、生徒の父親は10月19日に文部科学省とスポーツ庁を訪れ、スポーツ現場での暴力問題に関する要請をおこなった。  スポーツ ... もっと読む

 東京医科大学で女子受験生や浪人生に対して不利な扱いをする不適切入試が発覚した問題に関連して、文部科学省が他の医学部医学科の入試実施状況を調査したところ、他の大学でも不適切な入試運営がおこなわれているのではないかとうかがわれる状況があったと報じられている ... もっと読む

 柴山昌彦文部科学大臣は10月5日の記者会見で、「教育勅語をアレンジして道徳教育に使える」とした就任記者会見(10月2日)について、「教育勅語を復活させると言ったわけではない。政府のレベルで現代的にアレンジした形で道徳への活用を推奨することはない」「(普遍性が ... もっと読む

 2018年10月2日に発足した第4次安倍改造内閣。この日に就任した柴山昌彦・新文科相は同日の就任会見で、教育勅語について「現代的アレンジは検討に値する」と肯定的に扱う見解を述べた。  柴山氏は以下のように発言したという。 「(教育勅語を)アレンジをした形で、今の ... もっと読む

 外国で育ったり外国から来日したなどの事情で日本語が十分にできず、日本語教育が必要だとされている高校生について、高校生全体と比較して進路状況に大きな差があることが、文部科学省の調査でわかった。  公立高校を対象にした調査によると、高校中退率は全体で1.27%だ ... もっと読む

 文部科学省は8月7日、都道府県教育委員会に対し、必要に応じて夏休みの延長や臨時休業日の設定を検討するよう求める通知を出した。  2018年は7月半ばから全国的に平年を大幅に上回る記録的猛暑が続き、愛知県豊田市立小学校で校外学習に参加した児童が熱中症で死亡するな ... もっと読む

↑このページのトップヘ