kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:日本語教育

 外国で育ったり外国から来日したなどの事情で日本語が十分にできず、日本語教育が必要だとされている高校生について、高校生全体と比較して進路状況に大きな差があることが、文部科学省の調査でわかった。  公立高校を対象にした調査によると、高校中退率は全体で1.27%だ ... もっと読む

 「朝日新聞」(web版)に『学校に外国の子数人 専門外の先生、日本語指導手探り』(2010年12月21日配信)という記事が掲載されています。  記事によると、日本語ができない外国出身の児童・生徒が1~4人在籍する外国人散在校が全国的にも増加しているという ... もっと読む

 文部科学省は公立小中学校への定住外国人児童・生徒の編入について、語学力などを考慮して実年齢より下の学年への編入を認めたり、義務教育年齢を超えた子どもの留年を認めるなど柔軟な措置をとるよう、2009年に各都道府県教育委員会に要請しています。  要請を受 ... もっと読む

 日本語がほとんど話せないタイ国籍の女子生徒が2009年春に来日し大阪市立中学校への編入を希望したが、一部教員が受け入れを拒否するような発言をして編入が遅れ、また編入後しばらくは所属クラスも決まらなかったという問題がありました。この問題について大阪市教育 ... もっと読む

 母親が日本人と再婚して来日し、大阪市立中学校への編入を希望した東南アジア出身の外国籍女子生徒について、日本語がほとんど話せないことなどを理由に一部教員が編入に反対するなどしていたことがわかりました。大阪市教育委員会が学校を指導し、1ヶ月後になってやっと ... もっと読む

 文部科学省は7月8日、公立学校に在籍し、日本語指導を必要とする外国人児童・生徒が、2007年度に約2万8500人いたと発表しました。  人数としては1991年の調査開始以来最多となっています。また日本語指導が必要な外国人児童・生徒の在籍する学校数は6 ... もっと読む

 文部科学省の調査によると、日本語指導が必要な外国人児童・生徒が、2007年度に2万5000人を超え、過去最高となったことが分かりました。  外国人児童・生徒は増加傾向にある一方で、日本語指導に対応する体制が追いついていないことも浮き彫りになっています ... もっと読む

 日本語を母語としない外国人児童・生徒が増加傾向にあることから、文部科学省は外国人児童・生徒への日本語教育の支援に乗り出すということです。(『読売新聞』2007/11/5『外国人生徒の日本語教育、財政面などで支援へ…文科省』)  日本語と外国語の両方に堪能な職員 ... もっと読む

↑このページのトップヘ