kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:柔道

滋賀県愛荘町立秦荘中学校の柔道部で2009年7月、当時1年だった男子生徒が練習中に意識不明になり、約3週間後に急性硬膜下血腫で死亡した事故で、暴力や不適切指導が指摘されて傷害致死容疑で書類送検されたものの不起訴処分となっていた当時の顧問講師について、大津検察審査 ... もっと読む

神奈川県相模原市立相原中学校(相模原市緑区)で、柔道部の外部指導者が長年にわたって部員の生徒に暴力を繰り返していたことが、2013年秋に発覚した。この問題について神奈川新聞が追跡記事を出している。 記事は2014年1月13日付『相原中柔道部の外部指導者による体罰問 ... もっと読む

神奈川県相模原市立相原中学校の柔道部で、部活動を指導する外部指導者から練習中に平手打ちなどの暴力を受けたと、部員らが訴えていることが10月20日までにわかった。 この学校は柔道強豪校として知られているという。その一方で、この学校の柔道部員全員が地域にある柔道 ... もっと読む

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校で2009年、当時1年だった柔道部員の男子生徒が練習中に顧問から投げ技をかけられたあとに意識不明になり約1ヶ月後に死亡した事故で、大津地検は7月4日までに、傷害致死容疑で送検された顧問の元講師と、業務上過失致死容疑で送検された校長を、い ... もっと読む

 私立横浜商科大学高校(横浜市)の柔道部員だった男性が2008年、同級生との練習中に投げ技をかけられたあと倒れて、脳に重い後遺症が残った事故の民事訴訟について、東京高裁は7月3日、学校側の責任を認めなかった一審横浜地裁判決を破棄し、「教師が安全について十分な指 ... もっと読む

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校で2009年、柔道部員だった男子生徒が顧問講師(依願退職)から乱取りを受けた直後に倒れて1ヶ月後に死亡した事故の訴訟で、大津地裁は5月14日、顧問の過失を認めて愛荘町に約3700万円の損害賠償を命じる判決を出した。  判決では、生徒の頭部 ... もっと読む

 大阪府の私立金光大阪高校1年で柔道部員だった男性(現在21歳)が2007年、校外での柔道の講習会参加中に急性硬膜下血腫で倒れて意識不明の重体になり、現在も重い後遺症が残っている事故の民事訴訟で、学校側、および講習会を主催した大阪府柔道連盟との和解が3月27日に大 ... もっと読む

 柔道全日本女子代表チームの園田隆二前監督が指導中に選手に対して暴力や人格否定の暴言を繰り返していた問題。教育問題とは少し異なるが、教育分野でも「体罰」を考える際にあたっての重要な問題が隠されている。  日本オリンピック委員会(JOC)が3月19日に開催した ... もっと読む

 長野県松本市の柔道教室で2008年、当時小学校6年だった男子児童(現在16歳)が指導者との練習中に投げ技をかけられて重い障害が残った事故で、長野検察審査会は3月7日、当時の男性指導者(40)を強制起訴相当とする議決をおこなった。指導者は強制起訴される見通しとなった。 ... もっと読む

大阪市教育委員会は2月1日、大阪市立汎愛高校の武道科で2012年4月、専門体育の授業中に「体罰」事案があったことを発表した。 同校の武道科は、体育のうち柔道や剣道など武道を中心に学ぶ体育系専門学科である。市教委によると、事件が起きたのは2012年4月17日から19日の2泊 ... もっと読む

↑このページのトップヘ