kyouiku

教育問題に関するニュース紹介、管理人の感想など。

タグ:柔道

東京都武蔵野市の私立藤村女子中学校の柔道部員だった女子生徒が在学中、顧問教諭から「体罰」を受けて重傷を負い、また練習中の不適切指導が元でケガをしたなどとして、顧問と学校法人を相手取り495万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁立川支部に起こしていたことがわかっ ... もっと読む

 静岡県函南町立函南中学校で2010年6月、当時1年生だった柔道部員の男子生徒が練習中に脳挫傷で死亡した事故で、静岡地検沼津支部は7月31日付で、業務上過失致死容疑で書類送検されていた顧問教諭(46)を嫌疑不十分で不起訴処分にした。  「具体的予見、回避可能性が認め ... もっと読む

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校で2009年に発生した柔道部員死亡事故訴訟の第4回口頭弁論が1月24日に大津地裁でおこなわれた。町側は顧問講師(当時、事件後依願退職)の過失を認めた。  一方で、学校管理責任者としての校長の過失については争う姿勢を示した。  事 ... もっと読む

 大分県教育委員会が県柔道連盟に委託して開催している、体育教員向けの柔道講習会で、2日間の講習で黒帯(初段)を与えていたことが判明した。朝日新聞(web版)2012年1月17日付が報じている。  1月16日には愛知県でも同様に、わずか6日間の講習で黒帯授与 ... もっと読む

 愛知県教育委員会が柔道連盟に委託し、中学校・高校の体育教員向けに開催している柔道講習会で、計6日間の講習だけで黒帯(段位)を授与していたことが判明した。  柔道の経験がほとんどない体育教員に対し、1年目に2日間、2年目に4日間の講習と実技だけで授与し ... もっと読む

 毎日新聞2011年12月29日付(東京朝刊)に『発信箱:子供たちのために=落合博』が掲載されている。  この文章では、学校での柔道事故について論を進めている。  先日勝訴判決が出た、横浜市立奈良中学校柔道部事件では、顧問教諭の投げ技によって、頭を直接打 ... もっと読む

横浜市立奈良中学校で2004年、柔道部顧問だった教諭が柔道部員の生徒(現在22歳)に「指導」と称した投げ技を繰り返し加えて急性硬膜下血腫などの重傷を負わせ、高次脳機能障害などの後遺症を負わせたとして、被害者側が神奈川県・横浜市および教諭個人を相手取り計約1億8600 ... もっと読む

 毎日新聞2011年12月22日付東京朝刊『これが言いたい:柔道指導の安全対策確立を=全国柔道事故被害者の会副会長・村川義弘』  2012年度より中学校保健体育科で武道が必修化されるのを前に、柔道事故について訴えています。  近年、学校の部活動で大きな柔 ... もっと読む

 大阪市此花区の柔道教室で2010年11月、生徒の小学校1年男児に投げ技などを繰り返しかけ死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた指導者(36)に対し、大阪地裁は10月5日、罰金100万円の有罪判決を下しました。  事故は2010年11月10日に発生し ... もっと読む

 大阪市此花区の整骨院に併設されていた柔道教室(閉鎖)で2010年11月、当時小学校1年だった男子児童が指導者との練習中に死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた男性指導者(36)の初公判が8月18日に大阪地裁で開かれました。指導者は容疑を認めたということ ... もっと読む

↑このページのトップヘ